2017年8月14日月曜日

平成29年度全国氏子青年協議会へ参加(稲積神社H29.8.5~6) 


去る平成29年8月5日~6日。
「全国氏子青年協議会 第55回定期大会 茨城大会」へ、稲積神社崇敬青年会 大澤会長を始め総勢6名で参加してまいりました。

今年は関東地区開催ということもあり、当社宮司も神社本庁理事として来賓のご案内があり、参加しました。
山梨県氏子青年協議会としては、長潟会長を始め総勢12名の参加となりました。


稲積神社を朝6時に出発し、午前10時に常陸国一之宮である鹿島神宮へ到着。
正式参拝を行いました。
鹿島神宮
日本建国・武道の神様である「武甕槌大神」を御祭神とする、神武天皇元年創建の由緒ある神社です。
鹿島神宮の御祭神「武甕槌大神」は、神代の昔、天照大御神の命を受けて香取神宮の御祭神である経津主大神と共に出雲の国に天降り、大国主命と話し合って国譲りの交渉を成就し、日本の建国に挺身されました。
鹿島神宮の例祭は毎年9月1日に行われますが、うち6年に一度は天皇陛下の御使である勅使が派遣される勅祭となり、さらにそのうち2回に1回、すなわち12年に一度の午年には、水上の一大祭典である御船祭も斎行されます。 
※私もご縁あって平成14年の御船祭にご奉仕させていただきました。船では先導の船でのご奉仕を経験させていただき、大変でしたが懐かしい思い出です。


今年の定期大会は「和を深め、輪を繋ぎ、我が郷土を愛す」を主題とし、「日出る常陸国へ。集うは氏青、平和の有志。」をスローガンに行われました。

さすが鹿島神宮のお膝元!
開会に先立ち、塚原卜伝の剣技を今に伝える「鹿島新當流」が演武を披露し、空気が一変しました。

今年で3期務めた鷹野会長も会長職を降りることとなり、会長最後の大会挨拶となりました。
鷹野会長には平成24年に稲積神社崇敬会大祭での講師としてお招きし、仲良くさせていただいていたので寂しさもあります。


大会後に行われた記念講演では歌手の相川七瀬さんが登壇。
とっても綺麗で、私と同じ年と聞いてビックリしました。


歌手活動の傍ら神社に関する本も執筆しているということで、全国の神社参拝の思い出、禊ぎなど行の体験談も交えて、一般目線からの神社について、分かりやすくお話ししてもらいました。


懇親会では当神社宮司の乾杯で幕を開け、「波崎あばれ太鼓」、「マグロの解体ショー」、「つくば市無形民族文化財 筑波山ガマの油売り口上」が披露された。

懇親会「宮司 乾杯挨拶」
懇親会「宮司 乾杯挨拶」
「波崎あばれ太鼓」
マグロの解体ショー
「つくば市無形民族文化財 筑波山ガマの油売り口上」
本年も500名以上の同志が集まり、語り合い、懇親を深めた。
神社を基盤に子どもを集め、元気なまちづくりを行っていくために再開を誓い会場を後にした。

来年は「社を思う心、大和の心、優しい心、氏青よ未来へ向けて集い語ろう」を主題とし、「社祭り、伝言よう、広げよう、名古屋の元で」をスローガンに、愛知県で行われます。

2017年8月1日火曜日

「稲積神社 安産祈願」 平成29年10月~12月の「戌の日」


当社で古来より受け継がれている「鍵銜向霊狐(かぎくわえむかいきつね)」の絵馬には、鍵をくわえている狐がいます。
この鍵が「子宝や幸せの入った宝箱をあける鍵」という言い伝えがあります。
そして「五穀豊穣のお稲荷さん」なので、稲がたわわに実り収穫される様から『子宝・安産・開運』の御神徳があるといわれております。
「衣・食・住を司る生活の守護神」として崇められる、山梨県で一番大きなお稲荷さんへどうぞお参り下さい。

「鍵銜向霊狐(かぎくわえむかいきつね)」の絵馬は、全国で当社でのみ頒布されています
以下、
◎『「安産祈願」にまつわる良くある質問に関するご返答』
◎『平成29年10月~12月「戌の日」』
をお知らせしています。
皆様にご活用頂ければ幸いです。


◎『「安産祈願」にまつわる良くある質問に関するご返答』

・「安産祈願」とは?
日本古来の習わしにより母子のご健康とお腹の赤ちゃんの健やかな成長をご祈願するものです。


・安産祈願を妊娠5ヶ月目の「戌の日」におこなうのは?
犬はたくさん子を産み、その上お産が軽いことから古来より安産の守り神として人々に愛されてきたことにあやかったものです。

・腹帯はどのようにすれば良いですか?
腹帯は神社で用意しておりませんのでお持ち頂ければお祓いさせて頂きます。
また、以前は腹帯に筆で祈願をしるし、社紋を押していましたが、今は別の布にしるして授与しています。
そちらを腹帯の中に治めて御守りとしてお持ち頂きますので、当日腹帯をお持ち頂かなくても心配ありません。
当然、ご祈願の御札と御守りも授与致しますのでご安心してお参り下さいませ。


◎『平成29年10月~12月「戌の日」』


10月  2()友引 、 14()友引 、 26()先負

11月  7()先負 、 19()大安

12月  1()大安 、 13()大安 、 25()赤口

※ホームページに「平成29年戌の日」が掲載されていますのでそちらもご覧下さい 

なお、安産祈願のご祈祷の日は必ずしも妊娠5ヶ月目の「戌の日」でなくとも構いません。
体調が不安定な場合は「戌の日」にこだわらず、お身体の安定している時期のご都合のよい佳き日を選んでお申込みいただいても結構です。

2017年7月18日火曜日

禊錬成研修会(平成29年7月14日)


去る平成29年7月14日、山梨県神社庁研修所の主催による「禊錬成研修会」が行われました。

この日は、甲府市の気温は35度の予想。
現場は、天然クーラーのごとく涼しい高地での禊ぎ。
川の水は、痛くなるくらいの冷たさ。
・・・しかし、天気は雨模様でしたが始まる前にはやみ、終わってから降りだすなど天候にも恵まれすがすがしく行うことが出来ました。

本年は、3年ぶりの「禊ぎ」となり、よく考えれば40過ぎて初参加。
 また、厄年終えての初参加となり緊張な思いでのぞみました。


午前中は開講式に始まり


 

 

 



鎮魂(ちんこん)行法が行われました。

鎮魂とは、字のごとく「魂を鎮める」こと!
・・・?
一生の課題です。

 

午後は「禊」

川へ入る前には「鳥船(とりふね)行事」で気合いを入れる。
これは「神代の鳥船の櫓を漕ぐ動作を行う」ということで、準備運動を兼ねて行われる。


そして「雄健(おたけび)行事」「雄詰(おころび)行事」「伊吹(いぶき)行事」を行い、「エーイ!」と気合いを入れて入水。
禊ぎを行う。

 


閉講式では開式の挨拶までさせていただき
「青年会の時とは扱いが違う・・・。いやいや、そのような年になったんだな。恥じないように頑張らねば!」
と改めて自分へカツを入れました。

「次回までには、さらに自身をスキルアップしてのぞみたい」と誓い、研修所を後にしました。



2017年7月14日金曜日

平成29年 山梨県神社庁甲府支部 神職・総代合同総会(平成29年7月13日)


 去る平成29年7月13日、「山梨県神社庁甲府支部 神職・総代合同総会」が行われました。
甲府支部神職 総会前打合せ
神職・総代 合同総会 「県総代会長 挨拶」
総会では平成28年度事業報告並びに決算報告次いで平成29年度事業計画並びに予算案と
審議され、議事は恙なく行はれました。

神職・総代 合同総会 「甲府支部長 挨拶」
 
神職・総代 合同総会 「神社庁長(稲積神社宮司) 挨拶」
また本年は「国旗掲揚推進委員会のさらなる活動」「不活動神社調査の推進」「高齢化・人口減少にともなう過疎化地域神社の調査の推進」を掲げました。
 
 その後、神社本庁の講師により「神宮大麻増体について」研修会が行われました。
 
 神社本庁、講師による研修会
「神宮大麻増体活動について」
講師:神社本庁 本宗奉賛部長 湯澤 豊 先生
 
懇親会
 

2017年7月7日金曜日

稲積神社 職場体験学習 29/7/5~6

職場体験学習

平成29年7月5日・7月6日と2日間神社に中学校の生徒4名が職場体験学習で来ました。
 
 
朝の御日供祭に参列
初めての経験の為、生徒達は緊張した表情で参列してました。

*写真は個人の保護の為、加工しています。
 
七五三祈願でお参りに来る子供たち用の
冊子をセットする作業を手伝ってもらいました。

*写真は個人の保護のため、加工しています

本殿の御垣内の掃除をやりました。
皆、暑い中一生懸命に掃除をしてくれました。

*写真は個人の保護の為、加工しています。
 
祈願に使う祓詞という祝詞を筆を使って書いてもらいました。
普段使い慣れない筆書きでしたが真剣に心を込めて書いていました。
 
 
2日間と短い期間での職場体験でしたが
生徒たちは充実した時間を過ごせていたようです。
これから暑い夏を迎えますが体に気を付けて
神社で体験し学んだことを活かし、活躍されるますよう心より願っています。
 
稲積神社 権禰宜 渡辺

2017年7月3日月曜日

平成29年 稲積神社 夏越大祓 H29.6.30

平成29年 稲積神社 夏越の大祓・茅の輪神事 萬灯祭

 
 
今年の茅の輪です。
こちらの「茅の輪」は、30日の朝に新しくとってきた茅で作成した「茅の輪」です。
毎年6月15日には、当日参列できない方用に作成し、鳥居に準備します。 


大祓とは知らず知らず自身についてしまった(犯してしまった)罪や穢れを祓う神事で
年に2回 6月と12月に執り行われます。
6月の大祓を「夏越の大祓」12月を「年越しの大祓」言いまして、

半年に1度罪穢れを祓い心身を清め残りの半年を清々しくお過すための神事です。
 
 

神社では、陰陽道で用いられた呪詛(じゅそ、呪いの類)を起源とする
「人形代(ひとかたしろ)」に息を吹きかけ、体の調子の悪いところを撫でて穢れを遷(うつ)し
心身を祓い清める、ということが行われる。
 
 
 
 正面から最初に左回り、次に右回りと8 字を描いて計3回くぐることで、半年間に溜まった
病と穢れを落とし残りの半年を無事に過ごせることを願うというものである。

 
神事を終えて身も心も清められ清々しくなられた
常若会のメンバーです。
当日も神事の写真撮影といつもご協力いただきありがとうございました。
 


かつては茅の輪の小さいものを腰につけたり首にかけたとされる。
これは、『釈日本紀逸文の『備後国風土記』にもある蘇民将来の伝説に由来するもので、
武塔神の指示により茅の輪を腰につけたところ災厄から免れ、
武塔神は自らを速須佐雄と名乗り去っていったと書かれている。

今年は6月24日~7月2日までの期間限定でしたが夏越の大祓では
 「茅の輪御守」 も頒布致しました。この茅の輪の御守は「茅の輪」を作る茅を使って
一つ一つ手作りで奉製致しました。
無病息災・除災招福の御利益がございます。玄関先や神棚などにお祀りください。

 
今年から大祓の特別な御朱印が出来ました。
6月15日~7月2日の期間限定となりますのでご希望の方また来年ではございますが
お越しの際は是非お受けください。

 
夏越の大祓・茅の輪神事に続いて社殿では萬灯祭が斎行されました。
萬灯祭では祈願提灯の奉納者の祈願が成就するよう祈念する祭事です。
 
今年も多くの方の御参列をいただき盛大なうちに
夏越の大祓・茅の輪神事・萬灯祭と滞りなく成就いたしました。
 
今年も残すところ半年となりますが皆様が清々しくお過ごしできますことご祈念申し上げます。
稲積神社 権禰宜 渡辺
 

2017年6月17日土曜日

平成29年 稲積神社 夏越大祓 茅の輪準備

稲積神社 渡辺でございます。
去る6月15日に今月の末6月30日午後5時より執り行います。夏越大祓の茅の輪の準備を致しました。

まだまだ不慣れでうまくはいきませんが何とか無事に完成いたしました。


6月29日までは参道の鳥居にございます。
30日の当日にお越しになれない方はぜひ茅の輪をくぐってお清めをいていただき残りの半年を清々しくお過ごしくださいませ。
 
 
 
今年の夏越大祓では茅の輪の御守も頒布致します。
6月24日~7月2日で頒布致します。
また、夏越大祓限定の御朱印もございます。
 
↑クリックしていただくと「ご案内」のブログへ移動します。
 
お参りの際は御守とご一緒に
御朱印もお受けください。




2017年6月4日日曜日

「夏越大祓祭 並び 特別御朱印」と「御朱印帳」のご案内(H29/6/15~6/30)

「夏越大祓祭 並び 特別御朱印」のご案内
6/15~6/30の期間限定御朱印 300円
御札に押印する「夏越大祓式」の印付き
大祓は年に2度行われ、我々日本人の伝統的な考え方に基づくもので、常に清らかな気持ちで日々の生活にいそしむよう、祓い清めることを目的としています。

年始より半年過ごした6月30日「夏越大祓祭(なごしのおおはらえさい)」。

また年始を迎えるにあたり、年末の12月31日に行われる「年越大祓祭(としごえのおおはらえさい)」。

当社でも6月30日17時より「夏越大祓祭(なごしのおおはらいさい)」が斎行されます。

境内「祓所」において斎行され、特殊神事として「茅輪神事」も行われます。


また、大祓祭当日に参列出来ない方のために、6月15日より茅輪を準備いたします。

事前に来社して「大祓人形」を社務所にお納めて戴ければ、身代りとしてお祓い致します。

〇期間限定
御札に押印する「夏越大祓式」の印を、6月15日から30日までは御朱印帳へも押印します。

日常生活において、知らず知らずのうちに身に受けてしまった、「罪」「穢れ」「災事」を御神力によって祓い清める神事ですので是非ご参拝ください。

稲積神社 御朱印帳 

今は「初代・青色の御朱印帳」を頒布しています。

以前、期間限定で頒布しました「紫の御朱印帳」のご要望が多いため

今年より「正ノ木祭(5/2~5/5)」に合わせ頒布できるように50冊準備しています。

「紫の御朱印帳」は、なくなり次第、次年の「正ノ木祭」まで頒布できません。

「黄色の御朱印帳」は崇敬会員用ですので崇敬会員でないと手に入りません。

※崇敬会員様へは、朱印帳が満願になった場合のみ、年度2冊まで対応しています

「青色の御朱印帳」 1800円
「紫色の御朱印帳」 1800円

崇敬会員用「黄色の御朱印帳」(非売品)